京橋数学塾代表郡山です。

 

今回の東京医科大学裏口入学事件について所感を述べていきたいと思います。

 

プラスに働く可能性も

公費で裏口入学とはなかなか悪ですね。

 

私費ならばバレることは無かったのではないだろうかとは思いますが。

 

さて、本当に裏口入学があるのかどうかという疑問に国家が歪な形で終止符を打ってくれましたね。

 

私立では裏口入学はあります。

 

少なくともありましたという事実が明るみに出ました。

 

これは氷山の一角ではないだろうかと感じざるを得ません。

 

もちろん殆どの医師、医学生は正規の合格を勝ち取って医学部に進学しています。

 

一部の人間の行動によって大勢の努力をし続けてきた人間(医師、医大生、医学部志望の学生)の評価が貶められるのは大変遺憾に思われます。

 

しかしながら見方を変えるといい機会であるかもしれません。

 

今回の事件を機に、全学調査を行えば至る所から膿が排出されるはずです。

 

体内に溜まった膿を排出するのも医師の仕事です、そう、社会的にも。

 

そして、この様にも捉えられるはずです。

 

医師、医学生と雖もピンキリです。

 

今回の事件を受け、正規のルートで入学した人達であっても、現在の自分の能力では裏口入学では無いかと疑われる可能性を感じている方もいることでしょう。

 

今一度気を引き締めて、自己研鑽に励む機会を与えてもらえたと受け止める事が出来れば、この事件は医療業界にとってもプラスに働く可能性を秘めています。

 

今から医学部を目指す方々へ

裏口入学の存在が明るみに出たことで、お金さえあったら医学部に入ることができるという淡い期待を抱く人もいるかもしれません。

 

ただ、現実はそんなに甘く無いですよ。

 

前回の記事にも書いた様に、不正に医学部に入ったとしてもその後の篩に掛けられて容易に脱落することでしょう。

 

結局のところ受験の目的としては、全面的には賛成では無いですが、医学部に入った後の勉強についていけるだけのスペックと体力があるかを測るものだと感じています。

 

ゴールは医学部合格ではありません。そのことを肝に命じて、自らの目標に向けて正々堂々と突き進んで欲しいと思います。

 

おすすめの記事