中学受験直前期の心得!

こんにちは大阪京橋数学塾A4Uの六人部です。

 

いや、挨拶の前に!

 

新年明けましておめでとうございます。

 

今年もよろしくお願い致します。

 

冬期講習の忙しさに追われて、新年のご挨拶が遅くなってしまいました。

 

さて、中学受験直前ですね。

 

来週辺りが本番という方が多いでしょう。

 

そんな受験生へ試験直前期の過ごし方のアドバイスです。

 

毎年言ってる事ではありますがね!

 

しつこいなぁ、、、と思わずに耳を傾けて下さい!

体調管理

まずは何を置いても体調管理です。

 

試験は意外にメンタルに左右される部分が大きいので、弱った状態で受験するようでは合否に関わる可能性があります。

 

手洗いやうがい、マスクの着用など予防は徹底しましょう!

全て出来る必要はない!

試験直前というのは誰でも不安ですよね。

 

直前期に出来ない問題に遭遇すると、その不安から「ヤバい、ヤバい…」という焦りが生まれます。

 

そうなってくると出来ない問題ばかりが気になる、さらに焦るという悪循環になります。

 

まずは落ち着きましょう。

 

そもそも、あなたはどんな問題でも解けるような状態でしたか

 

そんな事は無いでしょう。

 

だって、もしそうなら受験校のランクを上げているはずです。

 

自分が受験する学校には出来る問題、出来ない問題が存在するのです。

 

だから、焦る必要はありません。

 

満点を取る必要はないのです。

 

取るべきは合格点なのですから!

基礎こそ重要!

出来る問題を確実にする。

 

これが直前期の勉強としてはおススメです。

 

難問に正解したところで、基礎、標準レベルの問題でミスが出ては意味がありません

 

試験では問題のレベルと配点は比例しないのです。

 

基礎問題は1問解くのに1分、配点は4点〜5点

 

難問は1問解くのに5分、配点は6点〜8点

 

どこの試験でもそんなところです。

 

確かに難しい方が配点は高いですが、労力に見合うだけ基礎問題より配点が上がる訳ではありません

 

基礎問題の方が圧倒的にコストパフォーマンスが良いです。

 

よって、分からない問題をムキになって粘るくらいなら、基礎問題を解き直して確実に得点する方が良いのです。

 

たから、直前期こそ基礎標準問題が重要です。

 

あれもこれもと気にする前に土台の確認を厳重に行いましょう!

まとめ

試験直前の過ごし方についてお伝えしました。

・まずは体調管理!

・出来ない問題に出くわしても焦らない!

・落ち着いて出来る事をより確実に!

以上3点に注意して直前期を過ごしましょう。

おすすめの記事