計算力を上げるには工夫を怠らない事!

どーもー、大阪京橋数学塾A4Uの六人部です。

 

今回は計算のお話です。

 

新学期が始まって数学の授業は計算がメインになっている事でしょう。

 

どの学年であっても教科書の序盤は計算練習であることが殆どですからねー。

 

この計算の分野、一見すると簡単に見えます。

 

実際やっている事は小学生時代の計算がしっかりと出来ていれば問題なく理解できますので。

 

多少新しい知識を入れるだけで後は身についている計算力で乗り切れる感じです。

 

この現状の力で乗り切れるというのが少々厄介な問題でして正解できるようになるとそのやり方をずっと続けてしまいます。

 

そりゃあそうですよね。

 

染みついた計算方法に手を加えるなんてまぁ普通はしませんわな。

 

だからこそ、ここで計算にいろいろな工夫をしてみて欲しいのです。

 

簡単に見える計算の分野はこれ以降の分野に使います。

 

ここで計算力に深みを付けておくことが以降の分野の理解力を深める事につながります。

 

したがって、正解できるからと通り一遍の手法に成らぬように常に工夫して問題を解くように心がけましょう。

 

いくつか例を挙げておきます。

まとめるのも時と場合

+23-19+14-7=+37-26=11

 

上の問題であればプラスはプラス、マイナスはマイナスでまとめるのは効果的です。

 

しかし、次のような問題はどうでしょうか。

 

+29-17+12-2=+12+10=22

 

プラスはプラスで、マイナスはマイナスで、とまとめてしまうと繰り下がりのある計算が残ってしまいます。

 

29-17と12-2を別々に計算する方ががスッキリします。

÷2は半分

6350÷2という計算をひっ算する人も注意。

 

÷2は半分と言葉に置き換えると簡単です3175ですね。

 

ここでもう更にひと工夫するパターン

 

「÷2」は「×5÷10」と同じですから31750÷10=3175とするのも良いですね。

繰り下がりの無い計算をつくる

162-78

 

こんな計算が出たら162を100と62に分解して更に100を1と99に分解します。

 

162-78=100+62-78=1+99+62-78=1+62+99-78=1+62+21=84

 

上のようにしてから99-78を先に計算すれば繰り下がりの無い計算になります。

 

このようにすれば繰り下がりの計算で間違えません。

 

鍛えればこれが頭の中でも出来るようになります。

まとめ

工夫する計算いかがでしたか?

 

そんな細かい事どうでもいい・・・と考える人も居るかもしれません。

 

しかし、どうすればミスなく計算できるか?どうすれば早く計算できるか?という事を考えていないとなかなか計算力は上がらないのです。

 

今ある数を分けたりくっ付けたりと創意工夫の訓練は超重要です。

 

こうした訓練を続けてきた人とそうでない人には大きな差が知らず知らずのうちについてしまいますよ。

 

単調な計算問題も楽しんで解いて下さい。

 

 

 

 

おすすめの記事