高校受験生の塾生の皆さん高校合格おめでとうございます。

 

最後まで諦めずに戦い続ければ、周囲の声に反して最高の結果が得られることが証明できましたね。

 

一例をあげますと

中3女子

入塾当時五木模試偏差値43

最終偏差値67

 

中3男子

入塾当時五木模試偏差値41

最終偏差値63

 

一年あれば第1志望校には合格できる。

 

不可能からの逆転合格への道について。

 

京橋数学塾A4U代表郡山がお送りいたします。

学校からは無理と言われ

中学校の進路指導なんていうものはよくも悪くも保守的です。

 

今までの成績を基にしてどこに行けるのかを決めます。

 

生徒が行きたいところは偏差値が足りなければ無理と切り捨てます。

 

たしかに中学校の指導では急激な伸びは期待できません。

 

彼らは受験のプロではないのだから。

 

ではもし急激に実力をつける方法が存在したら?

 

正直なところその方法は存在します。

 

そうでなければ、毎年逆転合格を出すことは不可能なのです。

 

大手塾からは無理と言われ

大手塾に通っている生徒の親御さんは学校と塾のどちらを信頼することが多いでしょうか?

 

殆どが塾と答えるはずです。

 

大手塾は受験のプロであると信じて。

 

しかし、本当にそうなのでしょうか?

 

大手塾は母集団が大きいので能力のある生徒もいればそうでない生徒も混在しています。

 

そして、玉石混合の生徒達の進路を決めるベースは模試のデータです。

 

まぁ、間違ってはいないのですが、それでもやはり行けるところに行くという事実には変わりありません。

 

また、有名大手塾の講師の質を知っている人は少ないと思います。

 

優秀な講師は中学受験、大学受験を主に指導する傾向があるので実際高校入試担当の講師のレベルは残念なことが多々あります。

 

ですから、これ以上伸ばすのは無理と言われても仕方がないことかもしれません。

 

逆転合格させることができる指導力がないのですから。

だが不可能は無い!

当塾の自慢できること、それは学校から無理と言われた生徒を96%第1志望校に合格させています。

高校入試のシステムを熟知しているからこそ合格を手にすることができるのです。

 

今年も学校や大手塾から志望校を下げさせられて不本意な高校に進学するというお話をたくさん耳にしました。

 

そういったことを聞くたびに心が痛みます。

 

なぜなら第1志望を変更した生徒のほとんどが第1志望校に合格することができたと感じるからです。

 

短期間で偏差値に換算して20ほどあげるのは全くの不可能ではありません。

 

今年はプラス24の伸びが最高値でした。

データを見ずに生徒を見る

ではどのようにして逆転合格を果たしているのか。

 

それは簡単なことです。

 

データに騙されずに、生徒が持っている本質を見抜くとこに尽きます。

 

あとはその生徒の能力・性質に沿ったカリキュラムを考え抜きます。

 

個人塾最大の強みである一人一人に合ったオーダーメイド指導の本領発揮の時でもあります。

 

当塾では他塾では真似のできない医学的、脳科学的、心理学的なアプローチで生徒の特性を見抜き最大限のポテンシャルを発揮させることが可能です。

 

どうしても第1志望を譲れない、何が何でも行きたい学校があるという熱い志を持っている方々は一度当塾の門を叩いて下さい。

 

その思いに全力でお答えすることを約束致します。

おすすめの記事