どうも、大阪京橋数学塾A4Uの六人部です。

 

決戦の日がいよいよ近づいて来ましたね。

 

受験生は日々忙しく勉強していることでしょう。

 

平日は忙しいから少しはゆっくりしたい休日、どのように過ごしていますか?

 

是非ともやっておいて欲しいことがあります。

 

過去問

それは受験校の過去問です。

 

「は?やってるし!」って聞こえてきそうです。

 

私が提案するのは5教科一気にやってみるってことです。

 

試験当日の①時間割②全く同じ順番でやりましょう。

 

もちろん朝から始めて、試験本番に昼食休憩があるなら休憩も入れる。

試験時間もきっちり計ります。

 

このような試験当日を想定した模擬訓練に是非とも取り組んで欲しいです。

 

平日は学校があったり塾があったりで全教科一気にとはなかなかいきません。

 

休日だからこそ(!)出来る訓練をしましょう。

 

なぜ一気にやるのか?

慣れです!

 

体を慣らすその1点に尽きます。

 

その時間帯に集中して考えるという事に体を慣らしておきましょう。

 

例えば、ある日の日中に昼寝をしたとします。

 

すると翌日同じ時間に眠たくなりませんか?

 

特定の授業中に居眠りをするような人、その先生の声聞くと眠くなったりしませんか?

 

人間の慣れとは恐ろしいもので、特定の条件の下で同じ行動が続くとそれが習慣化してしまいます。

 

まさにパブロフの犬状態と言っても過言ではないかもしれません。

 

話がそれましたが、要は『慣れる』という特性を良い方向に使え!ってことですね。

 

試験のタイムテーブルに体を合わせていきましょう。

 

昼食の量も眠たくならない程度に加減するよう工夫して下さい。

 

薬局にはブドウ糖が売っています。

 

昼食抜きでそれを食べるのも良いでしょう。

 

まとめ

今回は長時間だからこそ出来る過去問のやり方でした。

 

平日忙しいから朝ゆっくりしたいのは分かるのですが、是非やってみてください。

 

解いた過去問は自分で採点すると甘くなりがちなので、学校の先生や塾の先生に採点してもらうとなお良いでしょう。

 

良い準備をして合格勝ち取ってください。

 

 

 

 

 

おすすめの記事