こんにちは、大阪京橋数学塾A4Uの六人部です。

 

ついこの間「明けましておめでとう!」と挨拶していたのに気づけば1月ももうすぐ終わりです。

 

ということは、あと2ヶ月で今の中学2年生は3年生になり本格的に受験の学年となるわけです。

 

そんな来年度3年生になる君達へ少し話しておきたいことあるんです。

 

少し耳を傾けて下さい。

行動する!

3年になったら頑張る!

 

そんな考えの人いませんか?

 

1つアドバイスを贈ります。

 

今すぐ行動せよ!

 

人間やろうと思っても急には無理だったりするもんです。

 

身体を慣らすには多少の時間を要します。

 

今日からスイッチ入れましょう!

 

もし、それが1日や2日しか続かなくたっていい。

 

挫けたら3日目に反省して、またその次の日からやろう!

 

その繰り返しが勉強体力を付けます。

 

継続は力なり。という事!

行動を見せる!

学校生活においても、『俺やる気あるでー!』って所をアピールしましょう!

 

授業中に積極的に発言したり、授業の準備や後片付けを手伝ったりしましょう。

 

無理に良い子ぶれとまでは言いません、『おっ、こいつちょっと変わったな!』と思わせる程度でも良いのです。

 

そういうの苦手だという人は授業後に質問に行く頻度を増やすとかでもOK!

 

先生だって人間ですからね。

 

3年になって急に良い子ちゃんになるような露骨な成績狙いの奴はちょっとムカつくでしょう。

 

ですから、受験に向けて今くらいからエンジンをあたためておきましょう!

何故に今から?

これは現金な話なのですが、中3の成績(通知表)は入試において、1年2年の成績よりも価値が3倍に跳ね上がるからです!

 

公立高校の文理学科設置校を例に挙げます。

 

3年の成績は3.6倍されて点数化されます。

 

対して、1年と2年の成績は1.2倍されて点数化されるのです。

 

こうして計算した3年間の通知表を点数化したものに当日の学力試験の点数を加算し合否を判定します。

 

誰しも出来るだけ有利な状態で当日の試験を迎えたいですよね?

 

その有利な状況を作り出す為には3年の成績が非常に重要

 

だから3年になった時に1学期から全力疾走出来るだけの勉強体力を今から培うべきなのです!

まとめ

大阪の入試システムを交えて中2こそ今頑張らねばならない理由をお伝えしました。

 

現在、入試の直前ですから中3の先輩達の姿をみればやる気も出るのではないかと思います。

 

へこたれても良いから動き出しましょう

 

止まったままの人がゴールに近づく事は無いのですから。

おすすめの記事