こんにちは京橋数学塾A4Uの六人部です!

今回は成績を上げる為のお話。

 

うちの子、そろそろ塾に通わせようかな?

 

塾に通わせているけれどなかなか成績伸びないな。

 

そうお考えの方は必見です。

上げる

大前提ですが塾に通わせれば成績上がるでしょ?

と思っている方。

 

残念ながら、大抵は思い通りには上がりません。

 

確かに塾に通わせれば、ある程度は成績は上がるでしょう。

 

しかし、そこから先も継続して伸びて行くかどうかは分かりません。

 

伸ばしていくためには1つのポイントがあるのです。

 

それは成績を上げるという意思です!

 

塾に通わされている人何とかしようと塾に通っている人の間には大きな差があります!

 

当然ですが、後者の方が劇的に成績が上がる可能性を秘めています。

 

つまりは本人の意識が非常に重要ということです。

 

通うことを促されて通うようになったとしても、やらされているのではなく、自らやってるという意識を持たせる事が出来れば、後は勝手に伸びます。

普通をぶっ壊せ!

さて、では大前提をクリアしたとして話を続けましょう。

 

やる気があっても、少ない練習量では意味がありません!

 

現状でちょっと頑張れば何とかなるようではダメなのです。

普通

普通というのは何なのでしょうか?

 

それはその子の生活の中で見た事のある、もしくは体験した事があるもので構築されてゆくはずです。

 

他の人もこれくらいだからという線引きが普通というラインでしょう。

普通ではダメ

現状の普通ではいずれダメになるのです。

 

今の普通という常識のラインがおかしくなるくらいの量をこなしてみる。

 

そうやって、普通という基準を一度バグらせてください。

 

そして、それを数日実行してみましょう!

 

すると、どうなるでしょう?

 

不思議な事にそれが新たな普通になるのです。

 

過去の普通がぶっ壊れる瞬間が訪れるんですね。

 

この普通の破壊と再構築こそがグングン伸びてゆくために必要な要素なのです!

「分かる」から「解ける」へ

普通という感覚の底上げが何故必要かというと、勉強には時間がかかるからです。

 

説明を聞いて理解するのはさして難しくありません。

 

しかし、理解したことを使いこなし様々な問題が解けるようになるには量的な練習が不可欠です。

 

どうしても時間がかかります。

 

だからこそ現状の普通の努力では足りないのです!

 

よって、普通のラインを引き上げねばなりません。

 

最終的に勉強には時間がかかるという感覚が普通になれば意識改革は完了したと言えるでしょう。

まとめ

今回は成績を上げるためのお話でした。

 

継続的に成績を上げるにはどうすればよいか?

 

そこに拘ってお伝えしました!

 

普通を壊してくれる塾や先生に出会えたらその人にとってはラッキーな事。

 

結局は『人と人』なのかも知れませんね。

 

気にかかる事や質問があるという方はお気軽にお問い合わせ下さい。

おすすめの記事