こんにちは、高校受験の専門家、京橋数学塾A4Uの六人部です。

 

今日は高校の合格発表ですね。

 

頑張ってきた中学3年生に伝えておきたい事があるので綴らせていただきます。

お疲れ様でした

見事に志望校に合格した人、本当におめでとう。

 

残念ながら力及ばず悔しい思いをした人、大丈夫!次があります。

 

正直、高校受験に合格したとか、不合格だったという結果が君たちの将来を大きく決定づけるかと言うと、はっきり言って全く関係ありません。

 

トップ校に進学したものの、その後『あれっ?』と思うような道を歩む者も居ます。

 

もちろん、その勢いのままに突っ走って活躍するような人も居ます。

 

受験で失敗した経験をバネに私立校で努力を重ね、めざましい活躍をする人だって居ます。

 

上手くいかなかったのを引きずったまま高校生活を過ごす人も存在します。

 

高校生活でさえこのように多岐にわたる未来があるわけです。

 

一歩を踏み出したばかりの君たちには数え切れないくらいの道が残されています。

 

どの道をどのように歩むか、それを決めるのはあなたです。

 

では、高校受験で何が大切だったのか

『自分で進路を選択する事』そして『それを実現させるために前向きに戦い抜く事』この2点だと私は考えています。

 

きちんと自分の将来を考え、最後まで戦い抜いた人は良い結果であれ悪い結果であれ受け止めて、力強く進んで行きます。

 

この経験を出来た人、『決める』そして『やり抜く』これを続けてください。

 

続ける事が重要ですよ。

 

繰り返しますが高校受験で人生なんて何も決まりません。

 

失敗して動けない人、試練は乗り越える力のある者の前にしか現れないそうですよ。

 

「よーし、高校でいっちょやったるか!」と気合を入れましょう。

 

受験なんてたかが人生の通過点です。

 

まだまだ、これから!

まとめ

卒業する中3生へ私が思うことを書きました。

 

高校、大学、そして社会へ出ても活躍できる人物になってくれることを願います。

 

本当に受験お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事