こんにちは京橋数学塾A4Uの六人部です。

 

『光陰矢のごとし。』

 

昔の人はうまく言ったものです。

 

月日が経過するのは、あっという間だという意味です。

 

つい先日に中間試験が終わったと思ったら、2週間後にはもう期末試験ですと!

 

本当は10年単位の時間に対して使う言葉ですが、週単位や月単位でも当てはまりますね。

 

夏休みはたっぷり残ってると思っていたのに気づいたら8月31日。

 

宿題終わってねー!

 

あるあるです。

 

いつの時代も思うことは同じなのかもしれませんね。

 

「次こそ頑張る!」って言ってる間にもう受験。

 

そんな事にならないようにね。

そろそろ本気で準備してみたら?

我が塾の塾生にも居ます。

 

「余裕を持って勉強する時間取ってたんやけど、結局時間足りなくて中途半端になってもた・・・」

 

まぁ、たまになら起こりうる現象でしょう。

 

しかし、頻繁にとなれば見過ごせません。

 

同じ言い訳を繰り返すのはもう今日で、前回のテストまでで、終わりにしましょう!

 

『帰納法』ってのが数学にあってね、「今日出来なくて、明日も出来ない。」という事実が確定したら、「明後日も出来ないよね→当然、明々後日も出来ないよね→じゃあ、永久に出来ないよね!」という証明法なんだよ。

 

このまま同じ言い訳を無限に繰り返しますか?

 

帰納法は数学的には正しいんだけれども、君達は人間だからこの理屈は当てはまらない。

 

強い意志さえあれば必ず負の連鎖を断ち切ることが出来るはずです。

 

今日できっちり期末テスト2週間前くらい。

 

「試験範囲の問題集解きすぎて答えどころか問題の順番も内容も覚えてもーたわ。」

 

そんなセリフが飛び出すくらいの準備をしてみよう。

 

完璧にやり切ったと言い切れるだけの戦いに挑戦して下さい。

まとめ

今回は早めのテスト準備を促す記事を書いてみました。

 

警鐘を鳴らす意味合いで!

 

時間はあっという間ですからね。

 

只今、テスト前の特別対策講座の受付をして居りますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事