こんにちは、大阪京橋数学塾A4Uの六人部です。

 

今回は大阪府公立高校入試に理科ついての情報をお届けします。

平均点推移

ここ数年の平均点の推移ですが、

 

28年度 44.1点

 

29年度 39.3点

 

30年度 45.8点

 

31年度 43.7点

 

このようになっています。

 

ちなみにこの平均点は全日制の高校を受験し合格した生徒の平均点です。

 

得点率データ

年度毎の得点率データも載せておきます。

28年度

29年度

30年度

31年度

このようになっています。

 

語句や基礎事項を問う問題は正答率が高いので落としては勝負になりません。

 

また、高得点を狙う場合は計算問題や複数の資料を読み取って解く問題を素早く処理する訓練が必要です。

ポイント

過去に記事でお届けしてきた平均点はC問題を受験し合格した生徒だけでの平均点でした。

 

しかし、理科や社会の平均点は全日制の高校を受験し合格した生徒全員が母数となります。(まぁ、この調査は標本調査なので生徒全員とは言えないのですが)

 

となれば、理科や社会国語や数学や英語の平均点と同じように考えてはいけないという事です。

 

トップ校を受験するのであれば平均点よりもかなり上の得点率が必要でしょう。

 

8割9割をどんどん狙っていきましょう。

おすすめの記事