こんにちは大阪京橋数学塾A4Uの六人部です。

 

すげー久々の教室こぼれ話。

 

書きたい事はあるんやけど、個人が特定されそうで書きづらくもあるため御無沙汰でした。

 

まぁ、誰か分かったところでそんなに問題はないのですけどね。

 

一応気にはしておかないと。

 

春期講習も終了ですので、うれしかった事を少々。

やる気

以前に比べて自習の質が上がった生徒が居ます。

 

新中学3年生の生徒ですが、中2の頃であれば自習に来ても先生の目に付きにくい席で勉強していたのです。

 

まぁ、死角ってわけではないですが、特に見張られているわけでもない、そんな席の主でした。

 

しかし、受験学年という事もあってかとある変化が!

 

常時僕から見える席に座って勉強しているのです。

 

しかも、長時間!

 

やる気を感じる行動です。

 

こういうのを見ると、こっちも一丁やったるか!という気になります。

 

ここで本人にも一言かけておきます。

 

「前はこうだったのに、こういう風に変わったな!えーやん!」程度の一言です。

 

行動の変化を評価するのがポイントです。

他で言えば春期講習中は学校の勉強に追われることなく、苦手分野を深く考えることが出来るおかげで質の高い勉強ができました。

 

出来なかったことが出来るようになった!

 

これは見てて嬉しい瞬間です。

 

集中して考えられる自由な時間というのは重要ですね。

 

また、質の高さは集中力によって担保されるということも再認識。

 

どれだけ情報をキャッチ出来るかは集中力に掛かっています!

まとめ

春休みに感じた最高学年、受験生としての気合い。

 

自分も負けぬよう、そしてその気合いに応えられる様に襟を正します!

おすすめの記事