こんにちは(o^^o)

代表の郡山です。

 

昔話をリアルに考えたら面白いんじゃないかシリーズ第一弾行ってみたいと思います。

 

物語

とりあえずあらすじをウィキから引用してみました。

 

「桃太郎の物語は、いくつかの場面で出典により違いがある。ただし、物語後半にある鬼との戦いの場面では、概ねどの書籍でも桃太郎側の視点での勧善懲悪物語となっている。

桃太郎の出生に関しては、桃から生まれたとする場合や、桃を食べたお爺さんの生まれ変わりだとする場合がある。

桃太郎の成長過程については、お爺さんとお婆さんの期待通り働き者に育ったとする場合や、三年寝太郎のように力持ちで大きな体に育つが怠け者で寝てばかりいるとする場合がある。

成長した桃太郎は、鬼ヶ島の鬼が人々を苦しめていることを理由に鬼退治に旅立つが、その決意を自発的に行う場合と、村人や殿などに言われて受動的に行う場合とがある。

出征時には両親から黍団子を餞別に貰う。道中、遭遇するイヌ、サル、キジにその黍団子を分け与えて家来にする。

鬼ヶ島での鬼との戦いで勝利をおさめ、鬼が方々から奪っていった財宝を持って帰り、最終的に郷里のお爺さん・お婆さんの元に帰って幸せに暮らしたとして物語は締めくくられる。」

 

「」内引用

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/桃太郎

 

以下あくまでものすごく個人的な考察なので悪しからずm(_ _)m

考察

まぁ、ツッコミどころの多いお話しですね(笑)

 

桃から生まれた説はおばあさんの包丁の入れ具合でいきなり完結してしまう可能性があるので否定しましょう。

 

お爺さんとお婆さんの定義について考えると、当時お爺さんとお婆さんと呼ばれている人の年齢はどれぐらいだったのかに注目しないといけないですね。

 

平均寿命が40ぐらいでしょうか。

 

信長が人間50年と言っているくらいですから、それよりも前の寿命としては妥当な線かと思います。

 

となるとギリギリ生殖機能はある!

 

桃太郎誕生は以下の流れかもしれません。

 

おじいさん:以下「じ」

おばあさん:以下「ば」

 

ば:川に行ったら美味しそうな桃が流れてきたから拾ってきたよ。腐ってなさそうだからチャレンジしてみる?いやむしろチャレンジしちゃいよ!

 

じ:落ちてるものがそんなに美味いわけな、、、うまぁ〜〜(*⁰▿⁰*)!!めっちゃテンションあがるやつやん、これ!

テンション上がったついでに、なぁ、ばあさん、、、

 

自主規制

 

となって誕生したと考えれば辻褄が合いそうです。

 

当時超高齢者出産なので、世間体を考えて桃から生まれたことにしておこうとしたのかもしれません。

 

桃は精力剤としても登場する中国のお話もありますので、桃から生まれた設定よりは信憑性がありそうです。

 

なんやかんやで大きくなった桃太郎が鬼をやっつけに行くわけですが、お供の選択が微妙(*_*)

 

 

って、ねぇ(笑)

 

人間をなんとかしてお供にできなかったのか、まさかの人間だけどコードネームがInu・Saru・Kijiだったのか。

 

ただ、犬は理解できる。結構戦闘力高い感じするからね。

 

当時の日本にいた犬種は秋田犬、芝犬、土佐犬、犬の種類はよく分からないのでとりあえずこんな感じかな。

 

いや、土佐犬一択でしょ!

 

これはなかなか攻防に優れたお供です。

 

桃太郎さんディスってすいませんでした(笑)

 

猿についても調べてみました。ニホンザルが考えられますよね。

 

おぉ、犬歯鋭いし爪での引っ掻きも相手を感染症にかけるのにちょうどいい感じ。

 

じわじわ攻める作戦ですね。

 

桃太郎さんなかなか知的。

 

しかもきっと群のボス猿を従えていたんですね。いざとなったら群を率いて総攻撃をかける。

 

策士過ぎます。

 

ここまでは良かった。ナイス桃ちゃん。

 

最後のチョイスよね〜。

 

やった?

 

やらかしたね、あんた?

 

雉って、、、なんで他のにしなかったのかなぁ?

 

雉飛ぶの下手だし、猛禽類の方が明らかに強そうなのにね。

 

あっ!

 

そういうことか。

 

桃太郎さんも悪ですね〜。

 

犬と猿で戦力は補える。

 

腹が減っては戦はできぬ

 

非常食にするつもりで雉を選んだんですね。

 

策士過ぎて天晴れです。

 

雉って大きいですから、鬼と戦う前に土佐犬とボス猿の栄養源になりそうですもんね(笑)

 

雉肉のカロリーは108kcal/100g

 

とってもヘルシーなのでダイエット中のあなたにオススメ♪

 

あんまり栄養にならなさそう。

 

あぁ、やっぱり桃太郎さんやらかしてますね(笑)

 

②に続く

 

 

おすすめの記事